独身証明書は本当に必要?独身証明書の有無で婚活はこんなに変わる

独身証明書は本当に必要?独身証明書の有無で婚活はこんなに変わる

独身証明書結婚相談所の婚活で役立つ

婚活の際に必要な場合がある『独身証明書』。取得が面倒なうえ、そもそも本当に必要なのか疑問に思う人もいるかもしれません。

しかし結論から言って、独身証明書は婚活に必須です!独身証明書がないだけで、せっかくの婚活が無駄になってしまう可能性もあります。

独身証明書の取得方法や活用法を知り、安全で確実な婚活をしましょう。

【この記事で分かること】

  • 独身証明書には『国際結婚用』のものもある
  • 独身証明書は本籍地の役所で取得可能
  • 本籍地が分からない場合が多いため注意
  • 自治体によって窓口や必要書類などが異なる
  • 結婚相談所は独身証明書が必須なため安心

独身証明書には『婚活用』と『国際結婚用』がある

独身証明書

『独身証明書』は、その人が法律的に独身であることを証明する書類です。民法732条では、重婚が禁止されています。

日本では、既に結婚しているのに、他の人とは結婚できないと法律で決まっているのです。

実際に入籍する際には戸籍謄本が必要となるため、相手が独身であるかどうかは確実に分かります。独身証明書が必要なのは、

  • 婚活の際
  • 国際結婚の際

です。通称は同じですが、それぞれに用いる独身証明書は異なります

特に国際結婚を考えている場合は、専用の証明書が必要となるため、注意しましょう。

『婚活用』の独身証明書は結婚相談所などの入会時に必要

入会申込書

 

婚活で使用する独身証明書は、結婚相談所に入会する際や一部の婚活アプリに登録する際に必要となります。

利用するサービスによって所定の用紙がある場合もありますが、基本的には役所の窓口やHPからも入手できます。

結婚相談所では、入会時の書類として独身証明書が必須です。公的な書類で独身であることが証明できなければ、結婚相談所への入会はできないのです。

一方で、他の婚活サービスでは独身証明書が必須となることはほとんどありません。婚活パーティーでも、独身証明書の提出はまず求められないでしょう。

婚活用の独身証明書に書いてある項目は、以下の通りです。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 本籍(市区町村)
  • 独身であること

申請の際には使用目的(「結婚相談所へ提出するため」など)を記入しなければなりませんが、利用するサービス名(「○○結婚相談所」など)は記入しなくても大丈夫です。

つまり、一度に複数枚取得しておいていくつかのサービスで利用することもできます。

『国際結婚用』の独身証明書は国によって必要性が大きく異なる

国際結婚

国際結婚で必要となる独身証明書は『婚姻要件具備証明書』です。

婚姻要件具備証明書は,日本国民が外国の方式によって婚姻する場合に,当該日本国民が日本の法律による婚姻要件を備えていることを証明するものであり、市区町村役場、法務局若しくは地方法務局、大使・公使若しくは領事も発行することができる取扱いです。

引用:婚姻要件具備証明書(独身証明書)を請求したいのですが。│千葉地方法務局

婚姻要件具備証明書は、通常の独身証明書とは異なり、結婚相手の氏名なども記載してあります。つまり、その相手との結婚以外に婚姻要件具備証明書は用いられません

婚姻要件具備証明書は、外国人との結婚が正式に決まってから取得するようにしましょう。

婚姻要件具備証明書は役所で取得できるところもありますが、外務省などの認証がなければ認められないケースもあります。

その国の大使館や領事館に問い合わせてから、必要書類を用意するのが安心です。結婚に際しての手続きなどは、国によって異なります。

婚姻要件具備証明書の重要性も異なるうえ、提出先も異なるのです。

例えばアメリカ人(アメリカ国籍の人)との結婚の場合
日本での入籍には婚姻要件具備証明書が必要ですが、アメリカに届ける必要はありません。

日本と外国それぞれで結婚の届け出をしなければならない国も多いため、あらかじめよく調べておいてください。

各国の大使館や領事館のHPでは、婚姻に関する情報が掲載されています。不明点を問い合わせると、手順など詳しく教えてもらえるため、活用しましょう。

独身証明書の取得方法│本籍地の役所や郵送でも可

区役所

独身証明書は、婚活をするときに初めて必要となるものです。そのため、独身証明書の取得方法が分からない人も多いでしょう。

独身証明書の取得にはいくつかの注意点もあるため、この記事を参考にしてください。

本人確認書類があれば窓口で取得できる

役所の記入台

独身証明書は、本籍地のある役所の窓口で取得できます。具体的には、

  • 区役所
  • 支所
  • サービスセンター

などです。区役所以外の取得可能場所は各自治体により異なるため、事前に自治体のHPなどで確認しましょう。

独身証明書の取得に必要なものは以下の通りです。

  • 申請書
  • 本人確認書類(運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなど)
  • 手数料

申請書は、結婚相談所で入手したり、役所の窓口で入手したりなどが可能です。前もって準備(記入)をしていなくても、役所で記入することにより、その場で申請できます。

申請書には捺印が必要な箇所もあるため、その場で記入する場合は、必ず持参してください。役所では、

  • 独身証明書そのものの申請書類がある場合
  • 戸籍謄本などの申請書類に記入する場合

などがあるため、注意しましょう。利用するサービスが決まっているのであれば、専用の用紙を用いた方が簡単です。

申請書には、独身証明書の提出先を記入しなければなりません

『結婚相談所』などと書くのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、役所の担当者は事務的に処理をするだけです。気にせず、正しく記入しましょう。

この際に、どこの結婚相談所に提出するかまでは記入する必要はありません。独身証明書の申請書に記入する内容は、以下の通りです。

  • 住所
  • 氏名(捺印も)
  • 連絡先
  • 生年月日
  • 本籍(番地まで)
  • 筆頭者氏名
  • 日付
  • 使用目的

内容は多少異なる場合があるため、その婚活サービスもしくは自治体の書式に従ってください。

独身証明書の請求は、本人または代理人(直系の親族)に限られています。業者などに代行はしてもらえません。

また原則本人が請求することとなっており、代理人が請求できるのはやむを得ない理由がある場合に限ります。

代理人が申請を行う場合には、委任状が必要です。また代理人の本人確認書類も必要なため、用意してください。

独身証明書を申請する際の手数料は、300円前後のところが多いです。料金は各自治体で異なるため、HPなどで確認しておいてください。

郵送ならば遠方でも取得可能

速達郵便

役所の窓口は、基本的に平日の昼間しか対応してもらえません。仕事をわざわざ休んだり抜けたりする必要があるため、人によってはなかなか難しいでしょう。

また本籍地が遠くにあり、出向くのが困難な場合もあります。このような場合に便利なのが、郵送による申請です。

郵送での申請を利用すれば、どんなに忙しい人でも独身証明書を取得できます。郵送で申請する際には、以下のものが必要です。

  • 申請書
  • 本人確認書類(運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなど)の写し
  • 返信用切手を貼った返信用封筒
  • 手数料

郵送で独身証明書を申請する場合は、自治体のHPからダウンロードするなどして、あらかじめ申請書を用意しなければなりません。

記入の際は、どの項目にも漏れがないか繰り返し確認しましょう。必要な身分証明書も、自治体によっては有効なものが異なる場合があります。

事前にどの身分証明書が使用できるのか、確認してから準備してください。

身分証明書をコピーする際には、どの部分をコピーするのかなど詳細まで確認しましょう。申請者本人であることが分かることと、住所地が分かることが必要です。

郵送での手続きの場合、書類に不備があればまた一からやり直しが必要です。時間の無駄となるため、十分に注意してください。

郵送を用いる場合には、返信用の封筒も準備します。封筒には自分の住所・氏名を記入し、切手を貼っておきます。

1通のみの申請の場合は84円、2通以上ならば必要に応じた料金の切手を貼りましょう。返信用封筒には、速達郵便の利用も可能です。

速達を希望する場合は返信用封筒に赤字で「速達」とはっきり記入し、速達郵便料金260円をプラスした料金の切手を貼ってください。

手数料は1通あたり300円前後ですが、自治体により異なるため確認が必要です。手数料の支払い方法は、

  • 郵便局の『定額小為替』を使用する場合
  • 『現金書留』が使用できる場合

があります。こちらも取り扱いは自治体により異なるため、あらかじめ確認して準備しましょう。

定額小為替は、郵便局で購入できますが、発行日から6ヶ月以内のものしか使用できないため、注意が必要です。

必要なものが揃ったら、封筒に入れて役所の担当窓口へ郵送します。書類に不備がなければ、1週間〜10日程度で手元に独身証明書が届くところが多いです。

時間はかなりかかるものと思って、早めに準備しておくことをおすすめします。

『本籍地』に注意!住民票のある場所とは異なる場合も多い

戸籍住民票

独身証明書は、本籍地でしか取得できません。また独身証明書の申請書には、本籍地の住所を番地まで書かなければなりません

自分の住民票がどこにあるかは知っていても、本籍地は知らない人は多いです。また本籍地の都道府県は分かっても、番地までは分からない人はもっと多いはずです。

代々住んでいる土地であっても、本籍地の番地は異なる場合が多々あります。本籍地で多いのが、実家の住所や本家にあたる親戚の家の住所です。

他にも、転居前の住所だったり、中にはかなり昔に住んでいた土地なのに、その住所に愛着があるからと本籍地を変更していなかったりするケースもあります。

さらに分かりにくいのが、本籍地はそもそも日本全国どこでも自由に決められるのです。そのため、全く縁もゆかりもない都道府県に本籍が置かれている場合もあります。

本籍地は親に聞くと分かるはずですが、確実なのは住民票や戸籍謄本などを確認する方法でしょう。最近では、マイナンバーカードがあればコンビニでも住民票を発行できます。

独身証明書の申請をどこの都道府県でしたらいいのかも分からない場合には、この方法が手軽です。本籍地を確認したら、本籍地のある役所で独身証明書を取得しましょう。

独身証明書のない婚活は効率が悪い

独身証明書

実際のところ、独身証明書がなくても婚活はできます

ただし独身証明書のない婚活では、相手が本当に独身であるとは確認ができません。このような出会いは非効率的です。

独身証明書が必要なサービスと不要なサービスに分けて、その特徴を見てみましょう。

独身証明書が不要なサービス(マッチングアプリなど)│手軽だが相手が既婚者の可能性あり

マッチングアプリ

多くのマッチングアプリでは、独身証明書の提出は不要です。マッチングアプリに登録するだけであれば、本人確認書類も必要のないところもあります。

写真やプロフィールの登録も必須項目以外は任意であり、結婚しているかどうかを正しく判断できるところはありません。

このようなマッチングアプリは登録が簡単なため、多くの人が利用しています。女性は無料で利用できる場合が多いため、女性の利用者が多いのも特徴です。

比較的利用者の年齢層も若く、遊びや友達作りの目的で利用している人も多いでしょう。既婚者が独身だと偽って、遊びに利用するケースも後を絶ちません。

独身証明書が不要なサービスでは、戸籍謄本などを見る機会がない限り、相手が本当に独身かどうか分かりません

まさか出会ったばかりの人に「戸籍謄本を見せてください」などと言えず、言ったとしても信用されていないのだと怒らせてしまうでしょう。

自分は結婚を目的として付き合っているつもりが、相手には実は妻子がいるなどという結末が待っているかもしれないのです。

もちろんこれは、アプリではなく日常生活での出会いでも起こりうる話です。しかし、普段の出会いと比べて、アプリでの出会いはその人の情報が耳に入りにくい環境にあります。

共通の知人などがいないため、周りの人に言われて知ったり気付いたりするチャンスが圧倒的に少ないのです。相手にとっては、だからこそ遊びやすいし騙しやすいとも言えます。

最悪の場合以下の事件のような犯罪に巻き込まれるケースもあるため、十分な注意が必要です。

マッチングアプリで知り合った女性から1億1500万円を詐取したなどとして、京都府警伏見署は9日、会社役員の男(34)(東京都渋谷区)を有印私文書偽造・同行使と詐欺の容疑で逮捕した。「預かっただけでだましていません」と容疑を否認しているという。

発表では、男は、アプリで知り合った女性(36)に対し、外国為替証拠金取引(FX取引)で高収入を得ているかのように装い、運用を任せてほしいと持ちかけ、昨年3月16日、下京区のホテルで、偽名で署名するなど書類を偽造して現金の借用を申し込み、自身の口座に計1億1500万円を振り込ませて詐取した疑い。

男は偽名を名乗って既婚であることを隠し、「結婚したい」とうそのメッセージを送っていたという。昨年6月頃、FX取引の配当がないことなどを不審に思った女性が署に相談して発覚した。

引用:既婚隠し「結婚したい」、女性から1億円以上詐取か…マッチングアプリで偽名名乗る│読売新聞オンライン

独身証明書が必要なサービス(結婚相談所・一部の婚活アプリなど)│面倒だが独身の証明があり安心

結婚相談所

結婚相談所では、入会時に独身証明書の提出が必須です。一部の婚活アプリでも独身証明書の提出が義務付けられていますが、多くは任意提出です。

婚活をする以上、相手が独身であるのは大前提でしょう。独身の相手でなければ、どれほど好きになったとしても結婚はできません。

最初から略奪婚を望む人など、ほとんどいないでしょう。

しかし実際には、結婚したい女性の気持ちを悪用した詐欺が行われていたり、既婚者のちょうど良い遊びの対象として利用されていたりもします。

大前提である『独身であること』が守られていないのが、今の婚活市場なのです。婚活アプリなどで独身証明書が任意提出の場合は、必ず提出済みの相手を選びましょう。

わざわざ手間と時間をかけて独身証明書を取得し提出しているというのは、それだけ真剣に結婚を考えている証です。

面倒だからと提出しない人と比べたら、誠実さに違いがあるのが分かります。

普段は冗談ばかりでふざけているタイプが好きだとしても、結婚に対しては誠実に向き合ってくれる相手を選んだ方が良いでしょう。

結婚相談所ならば、独身証明書の提出は必須です。結婚相談所での婚活は、「もしも相手が既婚者だったら」などという無駄な悩みを抱く必要がありません

当たり前ですが、婚活の相手は独身でなければならないのです。独身証明書が必要な結婚相談所などは、スタート地点が全く異なります。

そのため、マッチングアプリなどの他の婚活サービスと比べると、はるかに効率が良いのです。

まとめ

安心

独身証明書は、婚活に必須です。独身証明書のない婚活は、ババ抜きのようなものだと思ってください。

独身者の中に既婚者がいる可能性が常にあると知ってください。そして、そのババを引く可能性は誰にでもあります。

「自分だけは大丈夫」と思っている人が、格好の餌食になるのです。結婚相談所ならば、全員が独身証明書の提出済みで安心です。

婚活にかけられる時間は無限ではありません。大事な時間を無駄にしないよう、婚活は安全&確実に行きましょう。

タイトルとURLをコピーしました