ハイスペック女子とはどこで出会える?特徴をとらえて結婚する方法を公開

ハイスペック女子とはどこで出会える?特徴をとらえて結婚する方法を公開

職業・属性別・性別

結婚相手は、ハイスペック女子がいい!

そうは思っても、そもそもハイスペック女子と、どうやって出会えるのか分からないという人も多いでしょう。

ハイスペック女子には特徴があり、それをとらえて対策を考えることで、結婚も夢ではありません。

特にハイスペック女子の恋愛事情は必見!『満たされない気持ち』と『尊敬』を理解しましょう。

結婚相談所をうまく活用することで、ハイスペック女子と結婚できますよ!

この記事で分かること

  • ハイスペック女子は幼いころの環境によって作られる
  • 能力が高く魅力的
  • ハイスペック女子にもダメな部分はある
  • ハイスペック女子に『尊敬』されるべし
  • 結婚相談所ならばハイスペック女子に出会える

ハイスペック女子とは?その特徴をチェック!

ハイスペック女子には、いくつかの特徴があります。個人差はあるものの、ハイスペック女子ならではの共通点を知っておくことは大事です。

①高学歴・高収入でバリキャリ

ハイスペック女子は、国内国外問わず有名大学を卒業しています。金融系の一流企業や医師・弁護士などの専門職などに就き、仕事もできるため、高収入です。

周りから妬まれるようなスペックながら、実際に仕事ができるため、慕われています。

ハイスペック女子は仕事環境にも恵まれていることが多く、有能な仲間と共に、難しいタスクと向き合っています。

向上心が高く、常に新しい目標を見つけて計画的に進むのが得意です。周りもそのエネルギーに巻き込まれるため、彼女たちの周囲にはエネルギーが溢れています。

仕事を通して自己表現をすることも多く、仕事とプライベートとの境が分かりにくいのもハイスペック女子の特徴です。

②育ちが良い

ハイスペック女子は、幼いころからの環境によって生まれます。両親が社会的に地位のある人だったり、会社を経営していたりして、経済的にゆとりのある家庭が多いです。

ハイスペック女子が多いと言われる有名私立校は、幼稚園や小学校からの一貫教育も少なくありません。それなりの家庭でないと、入学は難しいでしょう。

お金さえあれば、反対に実力さえあればどうにかなる、というものでもないのが特徴です。

ハイスペック女子は幼いころから習い事をしたり、優秀な家庭教師が付いていたりします。度々パーティーに参加し、知識も教養もマナーも身に付く環境で育っています。

反対に、どれだけ素質があったとしても、この環境がなければハイスペック女子にはなれないのです。

育ちの良さはハイスペック女子に欠かせない要素であり、後天的にはどうにもならない要素であると言えます。

③見た目に清潔感がある

表面的な清潔感はある程度テクニックで演出できますが、内側からにじみ出る清潔感は、幼いころからの積み重ねです。

子どもの頃から丁寧にアイロンのかかったブラウスを着ていたり、毎日整ったベッドで寝ていたり、そういった積み重ねによって、本当の清潔感が生まれます。

ハイスペック女子にとってはその状態が普通であり、特に意識して作ったり演出したりするものではありません。暮らしそのものが丁寧なため、髪や肌もツヤがあり整っています。

清潔感は、他人に好印象を与える重要な要素です。清潔感のある人を見て不快に思う人はいないでしょう。努力せずしてそれが備わっているのは、スゴいことなのです。

ハイスペック女子が、とりわけ美人という訳ではなくてもキレイな印象があるのは、圧倒的な清潔感があるからでしょう。これは大きな魅力です。

④驚くほどの人脈がある

ハイスペック女子は人脈が豊富です。ハイスペック女子は、小さなころから親の仕事関係や交友関係の影響で、多くの大人に囲まれている場合が多いでしょう。

人脈の大切さが知らないうちに身に付いているため、自分自身も人脈を広げ大切にします。

自分の仕事とは全く違う分野にも広い人脈を持っていたり、幅広い世代にも人脈があったりします。その人脈から仕事の幅が広がるため、さらにキャリアアップするのでしょう。

もちろん誰とでも出会う訳ではありません。信頼のできる相手、自分や仕事にとってプラスになる相手をしっかりと選んでいます。

SNSも活用しており、思いがけないところから斬新なコラボレーションが生まれる場合もあります。会社や企業にとっても欠かせない存在と言えます。

ハイスペック女子は情報感度が高く、またその人脈から適切なタイミングで専門家の意見が聞ける環境にあります。

この豊富な人脈は、ハイスペック女子とお付き合いをする上でも大きくプラスになるはずです。

一方で、ハイスペック女子の人脈だけが目的で近付いてくる人もいます。大事な交友関係を壊されるのは許せないため、新たに出会う人を見る目は厳しいです。

笑顔で接していても、なかなか本音は見せなかったり、構えたりしていると思った方が良いでしょう。

⑤感性が優れている

ハイスペック女子は、幼少期から音楽や芸術などに親しんでいます。本物に数多く触れることで感性は磨かれるため、ハイスペック女子は感性が優れていることが多いです。

芸術的なセンスがあるだけではなく、ファッションやメイクなどのセンスやバランス感覚を持っています。自分に似合うものを知っていて、その選択が上手です。

一時的な流行よりも、自分を引き立ててくれたり、高めてくれたりするものを好みます。

女性は流行りものが好きとのイメージがありますが、ハイスペック女子は周囲の他の女性とはやはり違うのです。

優れた感性は、外見だけでなく仕事や人間関係など、あらゆる場面で役立ちます。

ハイスペック女子と一緒にいるだけでも洗練されてくる気がするのは、優れた感性の影響を受けるからかもしれません。

ハイスペック女子の恋愛事情│高嶺の花とも言い切れない

ハイスペック女子は、恵まれた環境にあり才能にもあふれているため、恋愛においても何の悩みもないのでは?と思うかもしれません。

はたから見ると、これだけ条件にも恵まれているため、引く手あまたに感じられるでしょう。

しかし、ハイスペック女子の恋愛事情は、意外に大変。ここを理解すれば、ハイスペック女子との結婚がグンと近付きます!

ハイスペック女子は自分よりハイスペックを求める?

女性は自分よりも優れた相手を求める』そう信じている人は多いです。一般的にも、そのようなイメージがあるかもしれません。

遺伝子的な話で言うと、女性は本能的に『より優れた遺伝子を求める』というのは有名な話です。良い子孫を残すための方法として、理にかなっています。

本能なので、知らず知らずのうちに、そうやって相手を選んでいることも多いでしょう。しかしこれは、一般の女子には簡単でも、ハイスペック女子にとってはかなり大変な作業。

自分がハイスペックなため、自分よりもハイスペックな男性を探すのは簡単ではないのです。

結論を言うと、ハイスペック女子は、必ずしも自分よりハイスペックな男性を求めてはいません。

学歴や職業など自分のスペックに自信がないからといって、手の届かない存在だとあきらめる必要はないでしょう。

スペック以外の部分で惹き付けられたら、ハイスペック女子を手に入れられます!

男性から敬遠されやすい

男性は女性とは反対に、自分のスペックが女性よりも高い方が安心します。時代は変わりつつあっても、やはり男性は女性を守りたいと思うものでしょう。

男性から見てハイスペック女子は、魅力的だとは思いつつも、劣等感を抱きやすい対象でもあります。

つい自分と比較してしまい、「彼女に比べ、自分はダメだ」と感じてしまいやすいのです。

自分が平凡だと思っている男性は、ハイスペック女子に対して苦手意識を持っているでしょう。そもそも、ハイスペック女子との接点自体がないかもしれません。

自分に多少自信がある男性でも、ハイスペック女子と比較して劣っている部分があると感じると、委縮してしまうものです。

結果、ハイスペック女子は男性から敬遠されがちで、敬遠された経験がある人も少なくはないのです。

実は満たされていない?ハイスペック女子の闇

ハイスペック女子には、ハイスペック女子なりの悩みがあります。ハイスペック女子は、いわゆるモテ女子とは違います。

憧れの存在にはなるかもしれませんが、実際にアプローチしてくる男性は、自分に自信があるごく一部の男性に限られるでしょう。

モテ女子と自分との違いにも気付いており、特に思春期以降は、自分が男性ウケしないことに悩む場合も多いです。

仕事の上でも男性と対等に、もしくは男性の上に立って活躍する場面が多く、モテ女子には自然にできる『甘える』『頼る』といった行動ができません

周囲からはしっかりした女性だと思われているため、弱音も吐きづらいでしょう。いつも自立したバリキャリ女子像を求められるのは、なかなかに疲れるものです。

弱い部分やダメな部分が全くない人なんて、この世に存在しません。もちろんハイスペック女子にも、人には見せていないダメな部分があります。

本当はそれを晒して受け止めてもらえると良いのですが、ハイスペック女子にはそれが難しいのです。

ありのままの自分を丸ごと受け止めてもらえると、その相手に対する絶対的な信頼感と安心感を得られます。

ハイスペック女子はその経験が不足しているため、「どこか満たされない」と感じる人が多い様です。

何でも手に入るし、実際何でも手にしているように見えるハイスペック女子。実はそうとも言えない、1人の女性なのです。

『尊敬』がカギ│ハイスペック女子が惹かれる相手とは

それでは、ハイスペック女子はどのような男性に惹かれるのでしょうか?カギは『尊敬』。その一言です。

専門分野で自分よりも知識のある人は、もちろん尊敬の対象になります。専門外の分野であっても、自分の知らないことをよく知っている人は尊敬されます。

『知識』は、ハイスペック女子にとって分かりやすい尊敬対象です。知識は、仕事や勉強に限りません。車・電化製品・スポーツなど何でも良いのです。

何かに特化した知識があれば、ハイスペック女子からの尊敬が得られるかもしれません。ただし、付け焼き刃の知識では逆効果です。

オタクと言い切れるくらいに熱中できるものであれば、それが何であっても極める覚悟でいると良いでしょう。『尊敬』は知識以外にも、対象がたくさんあります。

  • 優しさ
  • 誠実さ
  • 根気強さ
  • ポジティブさ
  • 周囲からの人望
  • 節約のうまさなど

これ以外にも、挙げきれないほどあるでしょう。そしてそのどれもが、決して自分がハイスペックでなくても身に付けられるものなのです。

その中のどれが刺さるかは分かりません。タイミングもあるでしょう。しかし、自分が長所だと思える部分を磨いたり、人から褒められる部分を伸ばしたりすること

それが結果としてハイスペック女子の攻略法につながるのは、知っておいて損はありません。

ハイスペック女子は仕事も大事│こちらからの『尊敬』と『尊重』

世の中には代わりが可能な仕事もありますが、ハイスペック女子が日々向き合っている仕事は、その多くが代わりの利かない仕事です。

彼女だからできる仕事であり、彼女でないと意味がありません。それは自信にもつながっており、ハイスペック女子を構成する大きなピースでもあります。

仕事が嫌いなハイスペック女子はいません。日々を漫然と過ごしているよりも、やりがいをもって過ごしている方がずっと魅力的です。ハイスペック女子が魅力的なのは、仕事の存在が大きいでしょう。

そんなハイスペック女子はもちろん尊敬できますが、『自分の女』になった瞬間にその見方が変わってしまう男性がいます。

  • 自分との時間を優先してほしい
  • もっと男を立ててほしい
  • 仕事をセーブしてほしい

このように考え、それを求めるのです。男性がもし同じ様に女性に言われても、それに素直に従うことはないでしょう。

しかし相手が女性となると、いくらハイスペック女子だからといっても、昔ながらの男尊女卑思考を押し付けてしまうケースがあるのです。

ハイスペック女子は基本的に、『仕事>恋愛』のバランスで今まで生きています。仕事が楽しくて恋愛に費やす時間がもったいないと思っていたり、関心が持てなかったりする人が多いのです。

恋愛や結婚で突然そのバランスが崩れてしまったら、ハイスペック女子のアイデンティティそのものが壊れてしまいます。

自分が大事にしているものを否定されることは、自分自身を否定されることにつながるのです。これは、絶対に避けなければなりません。

ハイスペック女子に対する『尊敬』の念と、仕事での彼女や一人の人間としての彼女を『尊重』する気持ち

この2つがないと、ハイスペック女子との関係は決してうまくいかないでしょう。これは、恋愛や結婚のどの段階においても重要です。

家事・育児に対する考え方が同じ人でないとうまくいかない

男女間では、家事や育児に対する考え方に大きな差があります。

一人暮らしの時には普通に家事をしていたはずなのに、結婚をした途端に、家事は女性がするのが当然だと思ってしまう男性は少なくありません。

育児に関しては、女性がするのが当然だという傾向はさらに強まるでしょう。中には、たまに家事や育児を手伝ってくれる男性もいます。

しかしそれはあくまで『手伝い』であって、やはり基本的に『家事や育児は女性がするもの』と思っているのです。

一般的な夫婦ですら、この問題には非常によく直面します。これがハイスペック女子となると、感じる負担は相当のものです。

日々の家事には終わりがなく、不測の事態によるやり直しなど日常茶飯事。家事と育児両方ともなれば、労力は倍では済みません。

仕事での責任も重いハイスペック女子にとっては、この環境での仕事復帰は過酷でしょう。

家事や育児は、夫婦でうまく分担したり外注したりもできます。しかしそれには、男性が同じ考えを持っていることが重要です。

『理解』だけでは、不満が生まれます。「分かっているけれど、本当はこうして欲しい」と思うからです。

同じ考えであれば、不満は生まれません。付き合う段階で同じ考え方の相手でなければ、結婚生活はうまくいかないでしょう。

子どもを作るかどうかも難しい問題です。いくらハイスペック女子であっても、妊娠&出産によるキャリアの中断は避けられません。

  • 子どもは作らない
  • 今はまだ作るタイミングではない

と思う人もいるでしょう。ここで考え方が異なると、今はどうにかなっても、結局後で苦しみます。ハイスペック女子にとって、子どもに関する希望が一致していることは欠かせない要素なのです。

ハイスペック女子と出会うなら結婚相談所が確実

ハイスペック女子と出会うためには、断然結婚相談所が確実です。間違えても、手軽な婚活アプリや、その辺の婚活パーティーにハイスペック女子はいません

では、なぜハイスペック女子は結婚相談所を選ぶのでしょうか?当然とも言える理由が、そこにはあるのです。

ハイスペック女子は効率を重視する

ハイスペック女子は、仕事ができます。仕事はダラダラ単純作業をこなしてうまくいくものではなく、計画を立てて効率良くこなさなければ進みません。無駄な作業は、極力カットします。

さらに、ハイスペック女子はリスク管理も得意です。メリット・デメリットや、想定されるリスクを十分に精査したうえで、物事を決定します。

手軽さだけで、デメリットの多いものは選ばないのです。

恋愛に関しては全くダメなハイスペック女子もいますが、婚活するとなったら、効率の良い結婚相談所を選ぶでしょう。

通常の出会いでは、相手の素性を知ったり、考え方を知ったりするのには時間がかかります。名刺をもらわなければ、その人の肩書きすら分からないのです。

出会って、恋愛をして、お互いの価値観のすり合わせをして。さらに、結婚となると相手の身辺調査も必要かもしれません。

「そろそろ結婚したい」と思ったハイスペック女子が、そのような効率の悪い方法を選択するでしょうか?

婚活アプリは、忙しいハイスペック女子にとって一見メリットが多そうです。

しかし多数のアプローチを処理しなければならなかったり、プロフィールの信頼性に欠けたりするため、非効率的と言えます。

結婚相談所であれば、本当に結婚したい身元の確かな男性が集まっています

結婚後のビジョンなども持っている人が多いため、出会いの時点から価値観の共有がしやすいというメリットもあります。

タイミングを逃しては、ハイスペック女子が結婚するのは難しいでしょう。効率良く婚活をするのであれば、やはり結婚相談所なのです。

収入だけが目当ての男性を避けられるメリットもある

ハイスペック女子にとって、自分の収入や人脈だけが目当てで近寄られるのは不快です。特に婚活では真っ先に除外したい相手でしょう。

身分を偽って高収入の女性ばかりを狙う男性は少なくありません。世の中には、女性を犯罪の対象としてしか見ていない人まで存在します。

ハイスペック女子は、恋愛における能力は高いとは言えないため、簡単にだまされてしまうケースがあります。

『運命の出会い』と信じ込ませて貢がせるのは、詐欺師の常套手段です。結婚相談所の場合、身分を偽るのは難しいでしょう。

対応するカウンセラーやアドバイザーも婚活のプロであるため、少しでも不審な点があれば見逃しません。

婚活アプリなどではどうしてもスペックにばかり注目しがちですが、結婚相談所は人が介在するため、その人となりを重視します。

ハイスペック女子にとっても、スペックだけではない人間性も含めて婚活できるのはうれしいことです。

結婚相談所は、『安心』と『効率』というハイスペック女子が求めるものが揃っています。

婚活のツールとして結婚相談所を選択するのは、当然と言えるでしょう。ハイスペック女子と出会うには、結婚相談所なのです。

まとめ

ハイスペック女子は、ただの高嶺の花ではありません。高級な花ではありますが、実はあなたの手の届くところに咲いているのです。

結婚相談所には、結婚したいのに結婚できないハイスペック女子がいます。普段の生活では出会うことがないかもしれませんが、結婚相談所なら出会いのチャンスはあるのです!

ハイスペック女子ならではの悩みや考え方を知ることで、結婚は一気に現実のものになります。自分を高める努力を続けながら、一歩を踏み出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました